メニュー
ガスバリア袋.com

脱酸素剤(エージレス)はどう選べばいいですか?

袋の中の酸素量を計算して、必要なエージレスのサイズを選びます。
袋の中の酸素量は、容器全体の体積から内容物の体積を引いたものです。
密度は1ml当たりの重量で、一般的には食品の密度は1g/mlとみなして概算できます。

※エージレスのサイズとは
基準となる公称酸素吸収量をmlで表した数字が"サイズ"です。
例えば<SA-100>の場合は
     SA=自力反応型のエージレスで
     100=1個で100mlの酸素を、脱酸素日数(1日)以内で吸収する能力があります(25℃)。

計算式は下記の通りとなります。



・容器の空気量は、容器全体の体積から中味商品の体積を引いたものです。
・密度は1mlあたりの重量で、一般的には食品の密度は1g/mlとみなして概算できます。

不定形の袋の体積を求める場合、下図のような方法で容器の体積を計り、
酸素量を計算してサイズを選びます。


1. 水をいっぱいに張った容器に全体を漬け、水をあふれさせる。

2. 軽量カップや牛乳瓶などで水を補充して袋の体積を求める

3. 中味の重さを計って計算する


ex.補充した水の量(体積)900ml、商品の重さ500g、密度1g/mlの場合


「84ml」という結果が出ましたので、エージレスのサイズは一番近い100を選びます。

◆密度1g/ml以外で計算する食品例
 餅…1.2 / 穀類…1.4 / 羊羹・ういろう…1.3 / 生麺…1.2
 金属類の場合は固有の密度を適用します。

しかし、この方法は難しいと思いますので、

・どの袋に(ex.SPN-1220)
・何gの(ex.1個50g)
・どういった商品を(ex.クッキー5枚)
・どの程度の保存期限で
包装したいのかをご連絡頂ければこちらで必要なエージレスを確認させて頂き、ご提案致します。

お気軽にお問い合せ下さい。